1. HOME
  2. 事業内容
  3. 受託開発のLED照明
  4. 受託開発LED照明のプロセス

受託開発のLED照明

受託開発のLED照明

受託開発LED照明のプロセス

お客様のご要望に応じてLED照明の受託開発・共同開発におけるLED照明の製品化を行ってきております。現場で使用している照明の代替えのLED照明がない場合もお気軽にお問合せください。

LED照明の設置される現場や設計している機械や設備に合わせたスペックでLED照明の製品を提供させて頂いております。
LED照明の製品開発や共同開発においては、10年以上にわたる数多くの過酷な現場での実績や現場のお客様のご要望にあわせた製品化をご提案しております。
景観照明や省電力型LED照明、近年では超高温仕様や現場で必要とされる既存の器具に合わせたLED照明、特殊な400V仕様など、大ロットから小ロットまでLED照明の依頼を頂いております。既存の照明の生産がなくなる代替品として、一般流通しているLED照明だけでなく、様々な用途で使用されるLED照明をご提供させて頂いております。

受託開発・共同開発・現場に合わせた製品化を進める際のフロー

  1. お客様のLED照明を設置する現場や設備・機器などに関しての状況確認・設計図面・現場の確認表をもとに打合せをさせて頂きます。
  2. 共同開発などの場合は、共同での開発製品化に向けた打合せをさせて頂きます。
  3. お客様との打合せの結果、LED照明の設計図面や製品化までの工期や費用などの説明を致します。共同開発の場合は、秘密保持契約書の捺印後、情報を開示を行い、共同での開発作業を進めていきます。
  4. お客様にLED照明の内容に関してのご承認を頂いた上で、各種試験やフィールドテストを進めていきます。
  5. 製品化のテストが完了しましたら、お客様に納品させて頂きます。

導入事例

画像をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます。

2009年 大阪府 天神橋(水都大阪2009)

大阪府天神橋

水都大阪2009年で、大阪の有名な天神橋のライトアップ用の照明で採用されました。
>詳しくはこちら

2011年 福岡県宗像市沖ノ島

福岡県宗像市沖ノ島

 

福岡県宗像寺市沖ノ島、神宿る島、として世界遺産登録された沖ノ島の船着き場の桟橋用のLED照明として導入頂いております。
>詳しくはこちら

福岡県宗像市沖ノ島HP https://www.okinoshima-heritage.jp/

2016年 車載用薄型投光器

車載用薄型投光器

 

通常の施設では100Vか200V仕様のLED照明ですが、トラック用の運送用のコンテナー照明として24V仕様のLED照明を開発しました。超薄型・軽量化しトラック内の荷物の出し入れの邪魔にならないようにしてあります。
>詳しくはこちら
>製品情報

バルーン型LED照明

バルーン型LED照明

 

既存の照明400Wを100Wで使用可能。
360°光る照明です。 工事の仮設現場やイベントなどでご採用頂いております。
外での使用も可能にした防水仕様になります。
>製品情報

マグネット式LED照明

マグネット式LED照明

 

250Wのバラストランプや水銀灯などを使用している工場内の照明の代替え照明として、ご採用頂いております。
超軽量・薄型・コンパクトな為、背部の強化マグネットで簡単に固定できます。また、作業現場で手元照明を作業の現場に合わせてマグネット式なので、簡単に移動をさせることも出来るので、灯りが必要ば場所に簡単で使用出来る便利で明るいLED照明です。
>詳しくはこちら
>製品情報

大型工場向け400V仕様LED照明ハイブライトボックス

 

一般的な工場の現場では200Vで水銀灯の照明を点灯していますが、超大型の工場の場合、効率を良くするために400V仕様を使用している場合があります。
その工場のご要望にお応えし、大型工場内の水銀灯の代替えとして、400V仕様の電源を製作し、水銀灯700W・1000Wの代替LED照明としてご採用頂いております。
特に水銀灯は2020年度末には製造されなくなる為、LED照明導入が必要になってきます。
仕様書(水銀灯700W相当)
仕様書(水銀灯1000W相当)
>導入事例はこちら