先進国などでも取り組まれており、今後広まっていく可能性も十分ありますので、ぜひ知っておいてくださいね。

「グリーンリース」とは

ビルオーナーとテナントが協働し、不動産の省エネなどの環境負荷の低減や執務環境の改善について契約や覚書等によって自主的に取り決め、取り決め内容を実践すること。
ビルオーナー、テナント双方が光熱費削減等の恩恵を受けることができます。

「グリーンリース」でLED化

例えば「グリーンリース」で建物の照明をLEDに交換すると…

テナント側:電気代の削減、作業効率アップ、省エネ企業としてのPRに
オーナー側:建物の印象・価値・入居率アップ

そしてLED導入後は、テナントが削減した光熱費のうちの一部を「グリーンリース料」としてオーナーに還元します。

環境省や、東京都環境局からの補助金を受けられる場合があります。

参考:
テナントビルの省CO2促進事業等(一部経済産業省・国土交通省・厚生労働省連携事業)※今年度は募集終了
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/cltmadoguchi/pdf/zeb_co2.pdf
クールネット東京 ※平成30年7月31日(火)まで
https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/gl/index.html