【2015年6月15日施工】

セブン銀行様のATMや本社のLED化で省エネ。

既存の間接照明・ダウンライト・看板照明・室内照明全般を交換しました。


LED照明の提案の中で重要なのが省エネの為の交換はもちろんのこと、やはり交換手間が大変な面です。

特に天井高が高いATMの現場では、間接照明も切れた際の取り替えが大変です。

省エネも大事ですが、設置している既存の照明の数が多ければ多いほど、やはり日々電球が切れていくので、

交換する立場の管理の方は大変です!

また、交換が大変で手が付けられない施設は、交換されていない場所も意外と多い。

商業ビルの看板なども不点灯の箇所は交換がされておらず、そのままの箇所も多いのが現状です。

日本の高度な設計デザインを実際に作り上げる建築技術のレベルの高さ。

ただ問題は、照明なども含めた日々のメンテナンスの面まではなかなか考えられていない現場が多いのも事実。

やはりデザインを優先させ、それに応える日本の技術力を持った建築物が多いのも事実。

現場の問題点や課題をどう簡潔にコストを抑えて解決していくか?

それは、単なる物売りではなく、現場をよく理解して現場にある課題をいかに解決するか、

その解決する手段がどこにあるか、それを導きだすのが重要であり、それがプロであると意識すべきことだからです。

そのため、弊社は個性ある現場に合わせたカスタム製品を作ることが多いのも特徴です。