2013年11月10日

「電設資材」11月号に弊社代表が記事を執筆しました

電設資材の11月号に代表取締役伴にて「LED照明の歴史のあゆみと導入事例」について執筆させて頂きました。

弊社代表の伴にて、2009年1月にLED照明アプラシリーズを導入して今年7月についに40,000時間を国内で初達成した新潟県庁の実績から、 LED照明の業界の進化やその歴史を解説しております。

LED照明の歴史が始まったばかりの2009年当初のLED照明の開発の難しさから、現在まで進化したLED照明の動向までLED照明の設置現場 の写真など踏まえて説明をしております。

歴史がまだ浅い発展途上のLED照明において、実は氷山の一角の成功事例の裏には、数多くの海外製品や既存の照明に合わない製品などを早くに導入した結果、失敗した事例や業界の裏話がたくさんあります。そうした失敗体験をしないためにもどうしたら安心してLED照明を導入できるか、少しでもLED照明の歴史から理解を頂くことで、LED照明導入の際の失敗を防いで頂きたいという思いで、弊社代表にて執筆をさせて頂いております。

記事内容に関して、詳細はダウンロードできるように出版社様の許可を取っておりますので、ご参考くださいませ。

【記事内容のダウンロード】はこちらから⇒ 電設資材_記事_201311

このページのトップへ