2016年02月04日

【新ハイブライトボックス発売開始】-60℃~80℃対応型LED照明

新製品発売のお知らせ

<新ハイブライトボックス>

ハイブライトボックス発売から約4年が経過し、新たな需要に応えるためここに新ハイブライトボックスの発売を発表します。この新ハイブライトボックスは、-60℃の低温倉庫から、80℃の高温の工場まで対応出来るバリエーションをラインナップ。

 鉄工所などの天井近くは、80℃近くに温度が上がり、非常に高温になるため、通常のLED照明では劣化が激しくLED照明は長寿命という概念がありますが、現実的には本体の部材から、電源、LEDチップ含めて耐久性には乏しくなってしまいます。

<80℃に対応するための製品スペック>
What‘s the strong point?

・表面カバーは、耐熱性ガラスを使用
・ボディは、耐熱処理加工
・電源や配線関係も耐熱部品を使用
・国内生産のLEDのチップも80℃の高温での使用でも、40,000H対応

<品質の安定性>
LED lighting of stable quality

<信頼性・安心の日本製>
Made in Japan high quality

 

クレーン車や工場内の移動式大型クレーンなどの振動、衝撃にも強い!

これまで多くの工場の現場にLED照明を導入させて頂いた中で、現場のお客様からの声にお答え出来るようにプロジェクトを進めて参りました。

工場内は、通常のビルや事務所と異なり、多くの工作機械関係の動力なども関係し、また作業現場の寒暖差や鉄粉・粉じんが舞っていたり、高温や低温であったり、使用環境の領域が非常に広いため、LED照明が長寿命といえども、非常に導入後のリスクが高い現場が多いのが現状です。

そのような、ハイリスクな現場にLED照明を導入していく中で、LED照明といえどもやはり使用環境に対しては、ナーバスなのです。LED照明も半導体製品になります。

市場に出ている多くのLED製品が使用環境の上限を40℃~45℃に定めて設定しているは、高温での連続使用による温度領域に対応出来ていないからです。

高温での使用や、連続点灯(24時間連続稼働)での使用の場合、多くの製品が寿命を40,000時間から、20,000時間や2年保証を1年保証などに引き下げているのは、そのためです。

そのようなハードルが高い現場に対しては、使用する製品の部品1点1点の見直し、劣悪な環境であっても現場で壊れない強靭なLED照明の部材が必要になってくるのです。

今回の新ハイブライトボックスは、そのような劣悪な環境でも使用出来るように部品のパーツの選定から始めたLED製品になります。

更に、海の近くの塩害での使用も可能! 塩害対策製品。

製品のお問合せは、弊社の販売代理店または、弊社までご連絡ください。
お取引きが初めてのお客様には、お客様のお近くの販売代理店様をご紹介させて頂きます。

お問合わせは こちら

 

このページのトップへ