よくあるご質問

お客様から頂いたお問い合わせの中から、よくある質問を掲載しております。

LEDに関するご質問

LEDとは何ですか?

LEDとは「Light=光る」「Emitting=出す」「Diode=ダイオード」のそれぞれ3つの頭文字を略したものです。電気を流すと発光する半導体の一種で、発光ダイオードと呼ばれることもあります。ある半導体物質に電圧をかけると、約2~4V程度の電圧で発光します。1993年に窒化ガリウムをベースにした高輝度青色LEDが実用化されたことにより、 白色LEDが実現しました。

LEDはいつ頃開発されたのですか?

LEDの歴史は意外と古く、1960年代にはすでにGaAs(ガリウムヒ素)を使ったpn接合での発光が観測されています。その後70年代になって黄色等開発が進められました。大きく転機を迎えたのは、1993年光の3原色で残されていた青色LEDが開発され、1996年に青色LEDと蛍光体の組み合わせ白色LEDが開発されて、現在の製品化につながっています。

LEDの特長は何ですか?またその特長を活かした用途は何がありますか?

わたしたちは、白熱灯や蛍光灯などの各種人工的な光に中で生活しています。LED照明として製品化された歴史は、これらの製品に比べて日は浅いのですが数々の優れた特長を持っています。まずは、電力の消費が小さく、また製品寿命が長いのことです。これがエコ製品として脚光を浴びている理由です。その他には「発熱量が小さい」、「紫外線量が少ない」などの特徴もあります。それらの特徴を生かした形で各種採用実例があります(Q11のアプラ採用実例参照)。

最近よく耳にする白色LEDについて教えて下さい。

白色は光の3原色に基づき2色以上の色を混ぜないと得られません。アプラは青色LEDと黄色く光る蛍光体を組み合わせて白色を作っています。

LEDは熱に強いのですか?また、寿命はありますか?

LED素子をカバーしている樹脂の特性として低温環境に強く高温環境を苦手としています。
当社のLED照明器具は光束が初期値の70%になった時点を寿命と定めており、LED器具のほとんどは光束維持率70%を40,000時間に設定しております。

製品に関するご質問

アプラとは何ですか?

サンエスオプテックが取り扱うLED素子を主光源としたLED照明の蛍光管の総称です。

アプラの技術とは何ですか? (他社の蛍光灯型LEDとどのように違うのですか?)

実際の蛍光灯管型の照明を導入する場合、LED特有の直進性の高い光を和らげ、蛍光灯の光に近い「光の柔らかさや光の広がり・明るさ・色温度」が重要な要素になります。いくら蛍光灯のように器具の直下が明るくても、少し離れた場所が暗ければ意味がありません。アプラは蛍光灯と同じような照度分布の特性を持っていますので、今までの蛍光灯と同じ明るさを維持しながら、消費電力を57%以上削減出来るのが特徴です。

上で述べられた光拡散技術以外特徴はありますか?

アプラ®はLED素子の特性が生かされるように設計されています。さらに製品として次の特徴がございます。
*製品材質の吟味 鉛フリー(グリーン調達)部品で構成されています。
*また、リサイクル可能部品を90%以上使用しています。
*製品寿命40,000Hは温度が密接に関係ある為、放熱設計(ヒートシンク)を考慮しています。
*LED素子は日亜化学社製やクロスライセンスのLED素子を製品化しており、安心してご使用頂けます。
*開発を自社で行い、生産は国内生産工場をメインとしていますので、品質においても安心してご使用いただけます。

アプラの一番明るい商品では、どれくらいの明るさですか?

アプラ製品は、仕様に応じて3種類のラインナップを準備させてもらっています。目安として下記を参照願います。

アプラの商品は、どれくらいの明るさですか?

アプラ製品は、設置される状況に応じて色合やLED照明器具などを提案させて頂いております。これまでの実績から、省エネに対してや照度に対して、アドバイスが出来ますのでご相談ください。

アプラとして経済性にかかわる消費電力は、どのように考えればよいですか?

電力を消費するのは、蛍光灯管のみではありません。電源の安定器も関わりがあります。普通の40Wの蛍光灯を使用した場合、実際は49Wの電力を消費されます。アプラは21Wですみます。それを考慮していただいて、下記のようにシュミレーションしていただければ概略算出されると思います。

アプラは実際どのような所で使用されているのですか?

アプラの特徴を生かした形で、実際に導入された場所を示しております。

実際の交換の注意点はあるのですか?

新規取り付けも、すでに取り付けられている蛍光灯管の代替えにしても、電源に関してはアプラ専用のAC/DCコンバーターを使用していただきます。理由はLED照明は電源に敏感に影響を及ぼします。また、既存の安定器は、蛍光灯用のものであり、LED用の安定器ではありません。そのため、蛍光灯用の安定器を使用して、LED照明をつけると、安定器が先に壊れてしまい、結局はLEDの寿命の40000時間耐えられない可能性が高いです。そのためにアプラ専用のAC/DCコンバーターを使用して頂きます。

試しに使ってみたいのですが、どうやって入手したら良いですか?

アプラは通常の蛍光灯用の器具に使用する場合、アプラ用の電源を使用して頂くため、配線の切り替えが必要です。そのため、弊社の販売店を通じて購入を頂いております。インターネットでの販売や一般の方への販売は行っておりません。

販売・購入に関するご質問

価格はいくらほどですか?

アプラは簡単な配線切り替えが必要です。そのため、販売店様を通じて販売をさせて頂いております。価格に関しては、設置される場所によっても電気工事代が変わりますので、info@3s-optch.comまでお問い合わせください。また、本数によっても金額が変わりますので、お問い合わせでご連絡を頂きましたら、こちらから折り返し御連絡させて頂きます。
※また、お電話、HP上からたくさんのご質問を頂いており、お問い合わせ頂いております皆様に、ご迷惑をおかけしている場合がございます。随時、よくあるご質問等はHP上で掲載をさせて頂きますので、宜しくお願い致します。

このページのトップへ