水銀の適正な廃棄処分とは

水銀廃棄物の適正処理

平成29年(2017年)10月1日以降
水銀使用製品産業廃棄物について、新たな対応が必要になりました。

水俣条約では対象になるのは蛍光灯と水銀灯のみでしたが(お役立ちコラム「水俣条約・環境汚染防止法とは」参照)、蛍光灯、水銀灯はもちろん、メタルハライドランプやナトリウムランプも対象です。

水銀使用製品産業廃棄物の対象となる照明

蛍光灯

直管型、サークル型、電球型などFEFで始まる品番
また無電極蛍光ランプや冷陰極蛍光ランプなど

HIDランプ

高圧水銀ランプ(水銀灯)
バラストレス水銀ランプ
メタルハライドランプ
高圧ナトリウムランプ
その他産業用のHIDランプ

低圧放電ランプ

殺菌ランプ、ネオンサインなど

追加された必要書類・管理項目

業の許可証

取り扱う廃棄物の種類に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が含まれることが必要です。
注)平成29年10月1日時点で、これらの廃棄物を取り扱っている場合、変更許可は不要です。

委託契約書

委託する廃棄物の種類に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が含まれることを明記すること。
注)平成29年10月1日以前に、契約締結している委託契約書については、新たに契約変更等をする必要はありません。

マニュフェスト

産業廃棄物の種類欄に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が含まれること、また、その数量を記載すること。

廃棄物保管場所の掲示板

産業廃棄物の種類欄に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が含まれることを明記すること。

帳簿

「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」に係るものであることを明記すること。

保管

他の物と混合するおそれのないように仕切りを設ける等の措置をとること。

処理の委託

  • 「 水銀使用製品産業廃棄物」の収集運搬又は処分の許可を受けた事業者に委託すること。
  • 水銀回収が義務付けられているものの処理を委託する場合は、水銀回収が可能な事業者に委託すること。

収集・運搬

破砕することのないよう、また、他の物と混合するおそれのないように区分して収集・運搬すること。

処分・再生

  • 水銀又はその化合物が大気中に飛散しないように必要な措置をとること。
  • 水銀回収の対象となる水銀使用製品産業廃棄物については、ばい焼設備によるばい焼、又は水銀の大気飛散防止措置をとった上で、水銀を分離する方法により、水銀を回収すること。
  •  安定型最終処分場への埋立は行わないこと。

まとめ

今後業者に委託しても追加料金になる可能性が大きいため、
蛍光灯・水銀灯の更新を先延ばしにして良いことはありません!

計画的なLED化をお勧めします。

[参考] 「事業者向け水銀使用ランプの分別・回収及び排出について」一般社団報人日本照明工業会
「水銀廃棄物ガイドライン」環境省

 

▲このページのトップへ