LED照明とは

LED(発光ダイオード)とは

Light=光
Emitting=発する
Diode=ダイオード(一方向に電流を流す電子素子)」
のそれぞれ3つの頭文字を略したものです。電気を流すと発光する半導体素子です。

LEDの歴史

LEDの歴史は意外と古く、1960年代にはすでにGaAs(ガリウムヒ素)を使ったpn接合での発光が観測されています。その後70年代になって黄色等開発が進められました。

大きく転機を迎えたのは、光の3原色で残されていた青色LEDが開発された1993年です。
1996年に青色LEDと蛍光体の組み合わせ白色LEDが開発されて、現在の製品化につながっています。

LED照明導入のメリット

1.消費電力が小さい

例えば白熱電球の場合,フィラメントに電流を流して発熱させ,白熱化させて発光しています。多くの電気エネルギーが熱として消費され,わずかな部分しか光に変換されません。
一方,LEDは効率よく電気を光に変換できるため 低消費電力で既存照明と同じ明るさを得ることができます。

(例)水銀灯400Wと同じ明るさのLED照明は、消費電力が水銀灯の約1/4程になります。

2.寿命が長い

白熱電球は点灯時にフィラメントが徐々に消耗していくため最終的には断線します。蛍光灯も電子を放出する電極が消耗していくためこれが原因で不点灯になります。 LEDはそのような消耗部分がないため長寿命です。ただしパッケージに使用する材料の劣化により徐々に光量が落ちていきます。 初期の光量の70%に落ちるまでの時間をLEDの寿命としています。白熱電球の寿命が1,000時間程度,一般的なサークル型蛍光灯が6,000~8,000時間に対し,LEDは40,000時間以上と長寿命です。

長寿命なので交換の手間とコストがかからず、ゴミの削減にもなります。

種類 寿命(時間) 毎日10時間使用での寿命
白熱電球 1,000~2,000時間程度 3.3~6.7か月
蛍光灯 1万~15,000時間程度 2.7年~4.1年
水銀灯 3,000~12,000時間 10か月~3.3年
LED照明 約40,000時間 11年

3.発熱量が小さい

照射面が熱くならないので安全です。さらに夏場は空調が効きやすくなります。

4.虫が寄り付きにくく、日焼けしにくい

LEDの光は紫外線をほとんど含みません。昆虫は紫外線に反応する修正があるため、LED照明には虫が寄り付きにくくなります。

また、紫外線は物を劣化させますので、紫外線がほとんど出ないLED照明は美術館や博物館などの照明に適しています。

5.調光,調色が自在

電子制御により明るさや色合いの調整が容易です。

6.衝撃に強く安全

白熱電球・蛍光灯ともガラス製なので割れやすいですが、
LED照明のカバーは多くがポリカーボネイトなどガラス以外の材質なので割れにくく安全です。

7.頻繁につけたり消したりしても寿命が縮むことがなく、点灯が早い

白熱電球や蛍光灯は、点灯時に大きく電力を消費し、寿命が縮みます。LED照明はスイッチのオン・オフに余計な電力を消費しません。
また、水銀灯はスイッチを入れてから明るさが最大になる(全光束点灯)までに5分~10分かかりますが、LED照明は瞬間点灯します。

 

▲このページのトップへ