世界3大レースの一つ、インディアナポリスで開催されるインディ500、第101回目のレースで佐藤琢磨選手が優勝!

日本人として、インディアナポリスで初優勝という歴史に名を残す偉業を達成してくれました!

038

【前回のインディ勝利の時に記念パーティで一緒に撮った写真】

車好きの日本人にとっては最高の瞬間でした!

元F1ドライバーで現役最高ドライバーのフェルナンド・アロンソも佐藤琢磨選手と同じアンドレッティのチームで参加することで、非常に注目を集めた今回のレース。

アロンソがインディでどこまで通用するのか?それも見ごたえがあり、同じチームメイトでインディの先輩である琢磨選手と、どういうバトルを展開するのかも楽しみだった。

01_s
途中で車が大破したり、かなり劇的なレース展開だったが、最後2週はドキドキの中で驚異的な神業的なパフォーマンスを見せ、2位のエリオとすさまじいレースバトルを繰り広げた結果、ギリギリ0.2秒差で交わし優勝した。すごいことだ。

インディ500インディアナポリス 日本人初優勝!本当に感動しました!ありがとう!

以前、佐藤琢磨選手のプライベートパーティで、色々話をさせてもらった時に、380㎞の速度を出しながら、ミリ単位の車の挙動をコントロールをどう出来るのか非常に興味があり、聞いた中で、私が感じた世界一流のプロとは・・・・

【世界に通用する一流の選手は、全ての運を一気に引き寄せるのも一流】

1、身体も外人に比べて小さく、腕や足の太さなども私と変わらないのに、多分佐藤琢磨選手の「細胞レベル」の遺伝子の強さ

見た目の強さではない、見えない部分が非常に優れている。

2、鍛錬に打ち勝ち、ぶれないマインド。この辺りは、もう私たちの一般人レベルとは全く異なる次元の世界観。

3、努力が身になり、全ての「運を一気に引き寄せる強運」の持ち主

特に、レースで勝つためには、ドライバーの腕と同様にマシンの性能が完璧・マシンの調整・天気も非常に重要・他の車との接触がないような車のポジション・関係者たちとのコミュニケーション・開発能力など200周を重ねる上では非常に様々な要素が緻密に絡み合い、それこそ遺伝子レベルの空気感から多くの情報が交差していく。

ある意味、優勝するには「神業なる心技体・運」が全て完璧でなければ難しい。

それを考えると本当に驚異的な佐藤琢磨選手が世界で偉業を達成してくれました!

01_2