LED照明とは

LED(発光ダイオード)とは

Light=光
Emitting=発する
Diode=ダイオード(一方向に電流を流す電子素子)」
のそれぞれ3つの頭文字を略したものです。電気を流すと発光する半導体素子です。

LEDの歴史

LEDの歴史は意外と古く、1960年代にはすでにGaAs(ガリウムヒ素)を使ったpn接合での発光が観測されています。その後70年代になって黄色等開発が進められました。

大きく転機を迎えたのは、光の3原色で残されていた青色LEDが開発された1993年です。
1996年に青色LEDと蛍光体の組み合わせ白色LEDが開発されて、現在の製品化につながっています。

LED照明の特長

わたしたちは、白熱灯や蛍光灯などの各種人工的な光に中で生活しています。LED照明として製品化された歴史は、これらの製品に比べて日は浅いのですが数々の優れた特長を持っています。

1.電力の消費が小さい

2.寿命が長い

3.発熱量が小さい

4.紫外線量が少ない

5.点灯が早い

LEDは熱に強い?寿命は?

LED素子をカバーしている樹脂の特性として低温環境に強く高温環境を苦手としています。当社のLED照明器具は光束が初期値の70%になった時点を寿命と定めており、LED器具のほとんどは光束維持率70%時を40,000時間に設定しております。

LEDは冷凍庫でも使える?

通常のLED照明は-10℃ぐらいまでは使えますが、それ以下の温度になると部品の性能が悪化して使用できなくなります。マグロの冷凍倉庫などは-60℃もの超低温になり、通常の部品は使用できません。

例えばケーブルなどは被覆がボロボロになり、わずかな振動で剥がれ落ちて短絡などの事故につながります。

サンエスオプテックは超低温に耐える部品を厳選し、過酷な試験を繰り返すことにより、環境温度-60℃で使用できる超低温対応ハイブライトボックスを提供しています。マグロの冷凍倉庫でも使用できるLED照明器具です。

安定器とは?LEDにも必要?

蛍光灯を光らせる為に必要なもので、蛍光灯の器具に入っています。 蛍光ランプなどは、「放電現象」を利用して光っています。放電現象は不安定でこれを安定させる為に安定器を使用します。例えば40W型蛍光灯では安定器は約9W電力を消費します。

LEDランプでは、安定器はありませんが相当するものがLED専用電源になります。外付け型と内蔵型があります。

このページのトップへ